海外投資最新情報
2023年02月09日(木)
 海外投資最新情報

海外スマートシティ開発における、メタバースサービスの導入可能性調査を実施

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























海外スマートシティ開発における、メタバースサービスの導入可能性調査を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
大日本印刷株式会社(DNP)は、2022年11月~2023年1月に、丸紅株式会社、PwCアドバイザリー合同会社と共同で、ベトナム社会主義共和国・ホーチミン市にて、次世代型都市モデルとなるスマートシティの開発に向け、インターネット上の仮想空間「メタバース」を活用したサービス展開の可能性について、詳細な調査を実施した。

最新海外

ベトナムにおけるスマートシティ居住者向けサービス展開を検討
新興国を中心に、世界のインフラ需要が増大する中、質の高い日本のインフラの技術・ノウハウを活かした輸出や投資の拡大が重要であり、経済産業省は、令和4年度「質の高いインフラの海外展開に向けた事業実施可能性調査事業(我が国によるインフラの海外展開促進調査)」を実施している。

今回、丸紅の案件が本調査事業の一つに採択され、ベトナムの現地パートナー候補企業とのスマートシティ共同開発・運営事業への出資参画の検討、およびスマートソリューションの実装やメタバースの活用に向けた導入可能性の調査の一環として、3社共同で調査を実施した。

DNPは、リアルとバーチャルを融合する「XR(Extended Reality)」の技術を活用し、新しい体験価値と経済圏を創出するXRコミュニケーション事業を2021年から推進しており、メタバースの構築・運用で培ったノウハウなどを活かして、今回の調査を実施した。

【調査事業の主な概要と結果】
3社は、2022年12月10日(土)・11日(日)に、ホーチミン都市圏の居住者を対象として、メタバース上の多様なサービスの受容性や現地のニーズの把握を目的として、体験会とインタビューを実施した。

スマートシティの居住者となり得る生活者が、自身の分身となるアバターを使ってメタバースに参加し、教育や交流等、複数のテーマのサービスを体験した。体験後の行動様式の変化や意見を分析することで、各種サービスの提供の可能性を調査した。

本調査の結果として、メタバース空間を活用した各種サービスの提供がスマートシティの付加価値に繋がる可能性があることと、実装に向けて課題があることを確認できた。

DNPは、今回の調査結果を踏まえ、スマートシティの開発案件における、メタバースを活用したサービスの本格展開に向けた検討を進めていく。


Amazon.co.jp : 最新海外 に関連する商品



  • 海外FXの総合比較サイト『海外FXオンライン』にて、BigBossとのタイアップ企画「口座開設ボーナス5,000円キャンペーン」を実施中(2/1~2/28)(2月6日)
  • 【想定利回り9.0%】海外に投資ができる不動産クラウドファンディング「TECROWD」40号ファンドを、2月3日18時より募集開始(2月6日)
  • オープンハウスグループ、「アメリカ不動産年間取引数・取扱高No.1」「安心と信頼のアメリカ不動産投資サポートNo.1」3年連続No.1獲得(2月6日)
  • アジア最大級の越境EC「Pinkoi」、2023年に海外で売れる日本のデザイン傾向を独自予測。(1月28日)
  • 【保証利回り7.5%】エジプト新首都に建設されるランボルギーニレジデンスに、小口投資ができる信託受益権型の、新小口化商品の販売を開始(1月25日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ