海外投資最新情報
2024年02月26日(月)
 海外投資最新情報

オープンハウスグループ、「アメリカ不動産年間取引数・取扱高No.1」「安心と信頼のアメリカ不動産投資サポートNo.1」3年連続No.1獲得

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























オープンハウスグループ、「アメリカ不動産年間取引数・取扱高No.1」「安心と信頼のアメリカ不動産投資サポートNo.1」3年連続No.1獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社オープンハウスグループのグループ子会社である株式会社オープンハウスのアメリカ不動産事業が、「アメリカ不動産年間取引数・取扱高No.1」「安心と信頼のアメリカ不動産投資サポートNo.1」を獲得した。集計期間(2021年10月~2022年9月)の取引数は1,071件、取扱高は610.6億円($1=124.55円)だった。

最新海外

名実ともに、アメリカ不動産のパイオニアとしての地位を確立
同社グループは、2017年8月より本格的に海外不動産事業を始動して以降、「アメリカ不動産をもっと身近に」をミッションに、業界でも群を抜く販売実績と管理実績で、名実ともにアメリカ不動産のパイオニアとしての地位を確立してきた。

2022年1月には、現地アメリカでの管理物件数が3,000棟を突破、6月にはテキサス州で2,000棟、7月にはジョージア州で1,000棟を突破した。また、2022年10月には、オーナーが2,000名に、同社グループ及び米国子会社の年間引渡棟数が1,000件に達した。

●アメリカ不動産年間取引数・取扱高No.1
2022年12月に行われたアメリカ不動産における年間取引数・取扱高の調査において、同社が『アメリカ不動産年間取引数・取扱高No.1』を獲得した(日本マーケティングリサーチ機構調べ URL: https://jmro.co.jp/r01373/ )。

●安心と信頼のアメリカ不動産投資サポートNo.1
同様に、今年1月に実施された、アメリカ不動産におけるブランドイメージの調査において、株式会社オープンハウス ウェルス・マネジメント事業部が、『安心と信頼のアメリカ不動産投資サポート No.1』を獲得した(日本マーケティングリサーチ機構調べ URL: https://jmro.co.jp/r01372/ )。




Amazon.co.jp : 最新海外 に関連する商品



  • フランスの Dawex、Schneider Electric、Valeo、CEA、Prosyst、産業界が信頼できるデータ取引ソリューション Data4Industry-X 構築のために結集(2月22日)
  • インドネシアSinar Mas財閥傘下の戦略投資部門、Living Lab Venturesが、日本での事業を開始(2月22日)
  • フェアコンサルティンググループ、台湾の台中市に新拠点を設立(2月9日)
  • 2/15(木) Webセミナー開催『経営者・投資家のためのシンガポールでの資産運用』~弁護士・税理士・FPが解説~(無料!)(2月6日)
  • 【想定年利8.0%】不動産クラウドファンディング「TECROWD」、モンゴルの中心地に位置する高級レジデンス「Ambassador Residence」を投資対象とするファンドを情報公開。(2月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ