海外投資最新情報
2022年01月28日(金)
 海外投資最新情報

不動産クラウドファンディング「TECROWD」9号ファンドを8月23日15時より販売開始

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























不動産クラウドファンディング「TECROWD」9号ファンドを8月23日15時より販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
TECRA株式会社が運営する「TECROWD」(テクラウド)は、不動産特定共同事業法(国土交通省管轄)を活用した不動産クラウドファンディング。過去の1~8号のファンドは全て即日で完売している。

この度新たに9号ファンド IC TOWER(アイシータワー)の情報を8月20日(金)より公開し、8月23日(月)15時より販売を開始する。

最新海外

運用は2021年11月より30カ月間、募集金額は6,810万円を予定、年間の配当利回りは8.0%を想定
TECROWD9号ファンド IC TOWERは、TECRAが施工の監修を行っている物件で、2022年11月に竣工予定。

●TECROWD 9号ファンド IC TOWER 概要
ファンド名:IC TOWER
物件種別:事務所・店舗・駐車場
販売開始予定日:8月23日
運用開始予定日:11月1日
初回配当予定日:2022年2月28日
想定運用期間:30ヶ月
募集金額:7,570万円(内劣後760万円)
想定利回り:(年利)8.0%
最低出資金額:10万円
URL : https://tecrowd.jp/

●TECROWD 9号ファンド IC TOWER特徴
・2022年ウランバートル中心地に誕生する複合商業型オフィスビル
IC TOWERは、モンゴルの首都ウランバートル中心地にて建設中の、複合商業型オフィスビル。1階から4階までが商業エリアとなり、スーパーや飲食店のほかに、フィットネスや託児所なども誘致予定。また、5階から15階は75区画のオフィスエリアとなる。

ウランバートルでは、経済成長に伴い、車の所有率が大幅に増加しており、市街地での駐車場不足が深刻な問題になっているが、IC TOWERでは駐車場を別棟に建設し(78台予定)、従来型のオフィスビルにはない特徴を持ち合わせている。

・首都ウランバートルの中でも特に需要の高いAエリアでの開発
モンゴルでは、ウランバートル市内のうち、特にオフィスや商業施設、行政機関が集中している地区をAエリアと呼ぶ。今回建設中のIC TOWERの予定地周辺には日本大使館を含む各国大使館や、モンゴルでは数少ない外資系ホテルのShangri-La Hotelもあり、Aエリアの中でも特に活況な場所に位置する。


Amazon.co.jp : 最新海外 に関連する商品



  • 【重版決定】お金の不安をなくして、人生を送るためには?『お金を持ち続けられる人になるための「自分資産化計画」』売り上げ好調により第2刷決定!(1月27日)
  • 中部国際空港株式会社と龍騰日本株式会社が提携、~中部国際空港が中国富裕層のゲートウェイに~(1月27日)
  • 起業家兼投資家がお金の増やし方を伝授!1月20日(木)一般公開型フォーラム「ベクトル大学」をリアル・オンラインで同時開催(1月20日)
  • - サステナブルファイナンスの推進 - 国内不動産業界において初の米ドル建てグリーンボンドを発行、50ハドソンヤードの開発資金に充当(1月20日)
  • 【想定利回り8.00%】高利回りで人気の不動産クラウドファンディング「TECROWD」23号ファンドを1月13日17時より販売開始(1月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ