海外投資最新情報
2021年05月18日(火)
 海外投資最新情報

ニュークエスト・プロパティーズ社、自社の米国アジア系商業施設へ、日系テナント企業の誘致を開始

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























ニュークエスト・プロパティーズ社、自社の米国アジア系商業施設へ、日系テナント企業の誘致を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
テキサス州に本社を置く米国商業不動産会社ニュークエスト社は、アジア太平洋地域の顧客の裾野を広げる目的で国際部門を開設し、米国にて展開する60以上もの自社の商業施設へ幅広い業態のテナントを誘致する。

最新海外

アジアとテキサスを結ぶ独自のパイプライン
ニュークエスト社は、ダラスとヒューストンにアジア系高級ショッピング・センターのポートフォリオをもち、日本のダイソー、紀伊国屋書店、くら寿司、その他多くの国際的に有名な小売業、飲食店テナントが現在入居する。

テキサス州ダラス北部で手がけるキャロルトンタウン・センターは、まさに同社のアジア系商業施設の中の基柱の場所となる。

ニュークエスト社はテキサス州が初めて見るアジア系テナントを続々と同社の商業施設へ誘致し話題を呼んできた。その多くが米国の初進出先をカリフォルニアやニューヨークではなくテキサスに選んだのも、そんなアジアとテキサスを結ぶ独自のパイプラインを同社が提供してきたからだ。

日本を初めとする多くのアジア太平洋地域のテナント企業は、次の顧客人口を獲得する市場として米国を評価していて、ニュークエスト社も米国の飽和状態の成熟した小売市場へ新たな息吹をもたらす存在となることを確信している。

同社はアジア系テナントを自社の商業施設へ誘致しながら、全米の商機のある市場へ事業展開を支援していく。それと同時に、自社の商業施設開発を推進し、アジア系クライアントを収容できるプロジェクトを今後も続々と開発していく予定。

Amazon.co.jp : 最新海外 に関連する商品



  • 新興国の不動産に投資ができるクラウドファンディング「TECROWD」4号ファンドを5月17日20時より販売開始(5月13日)
  • 海外特化型脱炭素エネルギーファンド「Japan Energy Capital 1号ファンド」に株式会社エンバイオ・ホールディングスが参画(5月4日)
  • ビットコインでプレミアム賃貸に住む。暗号通貨での家賃支払いを受け付けるサービス『CryptoResidence』のWebサイトがオープン(5月1日)
  • 米ペガサス・テック・ベンチャーズが物流大手のSBSホールディングス株式会社とベンチャー投資ファンドを組成(4月29日)
  • 【4月26日より販売開始】新興国の不動産に投資ができるクラウドファンディング「TECROWD」3号ファンドを4月26日20時より販売開始(4月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ