海外投資最新情報
2021年05月18日(火)
 海外投資最新情報

BBT、「新型コロナウイルス経済対策講義(海外投資編 第2弾)」の無償提供決定

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























BBT、「新型コロナウイルス経済対策講義(海外投資編 第2弾)」の無償提供決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
あらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルーが運営する「株式・資産形成実践講座」は、12月22日(火)から配信する海外投資の専門家による『新型コロナウイルス経済対策講義(海外投資編 第2弾)~シンガポールから見た世界経済トピックス~』の無償提供を決定した。

新型コロナウイルスに関するバックナンバーの経済講義もあわせて閲覧できるという。

アジアマーケットの2021年の成長予測とコロナ禍との相関関係等を専門家が解説
株式・資産形成実践講座では、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により今後の経済への影響が懸念される。

そんな中、「株式・資産形成実践講座」が提供する『海外投資入門』の講師で、個人投資家向けセミナーや書籍発行・海外移住のアドバイス等を行い、自身もシンガポールに在住する株式会社S&S Investments代表取締役 岡村聡(おかむら さとし)氏による、コロナ禍におけるアジアマーケットの概況を中心とする緊急講義映像の第2弾を収録。

BBTは、「株式・資産形成実践講座」の受講生のみならず、多くの方に新型コロナウイルスが経済に及ぼす影響を学ぶことで、コロナ禍での資産形成の実践に役立てて頂きたいと考え、自社のオンライン学習プラットフォーム「AirCampus®」を通じて本講義を無償配信する運びとなった。

【12月22日配信緊急映像:『新型コロナウイルス経済危機対策講座(海外投資編 第2弾~シンガポールから見た世界経済トピックス~)』】

内容:直近アジアマーケットの概況/2020年12月現在のシンガポール国内の様子/今年・来年の経済成長予測とコロナ被害との相関/注目の東アジア企業2社/世界都市別の商業用不動産への投資額/ガソリン・ディーゼル車規制の動きの広がり。

本講義では、シンガポールに在住している講師からみた直近アジアマーケットの概況に加え、コロナ禍の影響を踏まえた来年の経済成長予測などの最新情報を学ぶことができる。
なお、講義は完全オンラインで受講ができ、講義配信後はオンデマンドでお好きな時間にご覧頂ける。

【申込みURL】
※視聴期間:12月22日~1月31日 
https://bit.ly/3rmvhir
Amazon.co.jp : 最新海外 に関連する商品



  • 新興国の不動産に投資ができるクラウドファンディング「TECROWD」4号ファンドを5月17日20時より販売開始(5月13日)
  • 海外特化型脱炭素エネルギーファンド「Japan Energy Capital 1号ファンド」に株式会社エンバイオ・ホールディングスが参画(5月4日)
  • ビットコインでプレミアム賃貸に住む。暗号通貨での家賃支払いを受け付けるサービス『CryptoResidence』のWebサイトがオープン(5月1日)
  • 米ペガサス・テック・ベンチャーズが物流大手のSBSホールディングス株式会社とベンチャー投資ファンドを組成(4月29日)
  • 【4月26日より販売開始】新興国の不動産に投資ができるクラウドファンディング「TECROWD」3号ファンドを4月26日20時より販売開始(4月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ