海外投資最新情報
2021年05月18日(火)
 海外投資最新情報

ボッシュ、コロナ禍においても好業績を維持

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























ボッシュ、コロナ禍においても好業績を維持

このエントリーをはてなブックマークに追加
シュトゥットガルト(ドイツ) - ボッシュ・グループは、2020年、新型コロナウイルス危機と自動車生産の減少による影響を受けながらも、好業績を達成した。グローバル規模で革新的なテクノロジーとサービスを提供するボッシュは、当初予想を上回る成果をあげた。

最新海外
カーボンニュートラルを実現 – 2020年は予想を上回る業績を達成
暫定決算報告によると、支払金利前税引前利益は約19億ユーロで、推定支払金利前税引前利益率は約2.5%。リストラ費用調整後の推定支払金利前税引前利益は約 33 億ユーロ、利益率は約4.5%だった。ボッシュ・グループの売上高は716億ユーロで、為替調整後では前年比4.4%減。

暫定決算報告の発表に際して、ロバート・ボッシュGmbH取締役会会長であるフォルクマル・デナーは、「新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)の影響にもかかわらず、好業績を達成することがでた。これは何よりも、社員の並々ならぬ努力の賜物だ」と述べた。

デナーはまた、ボッシュの広範な事業多角化とグローバル展開も真価を発揮していると付け加えた。「持続可能なモビリティ、IoT(モノのインターネット)、AIなど、将来的に重要となる分野に投資することで、イノベーションにおけるリーダーシップを一層高めてる」。

特にボッシュは、AIとIoTを組み合わせたAIoTが、数十億ドル規模の市場で成長のチャンスをもたらすと考えている。

デナーは「私たちはAIoTのリーディングカンパニーになることを目指す。幅広い分野の知識と、エレクトロニクスとソフトウェアの広範なノウハウにより、私たちはどの企業よりも有利であると自負しています」と述べている。


Amazon.co.jp : 最新海外 に関連する商品



  • 新興国の不動産に投資ができるクラウドファンディング「TECROWD」4号ファンドを5月17日20時より販売開始(5月13日)
  • 海外特化型脱炭素エネルギーファンド「Japan Energy Capital 1号ファンド」に株式会社エンバイオ・ホールディングスが参画(5月4日)
  • ビットコインでプレミアム賃貸に住む。暗号通貨での家賃支払いを受け付けるサービス『CryptoResidence』のWebサイトがオープン(5月1日)
  • 米ペガサス・テック・ベンチャーズが物流大手のSBSホールディングス株式会社とベンチャー投資ファンドを組成(4月29日)
  • 【4月26日より販売開始】新興国の不動産に投資ができるクラウドファンディング「TECROWD」3号ファンドを4月26日20時より販売開始(4月24日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ