海外投資最新情報
2021年06月23日(水)
 海外投資最新情報

ビットコインでプレミアム賃貸に住む。暗号通貨での家賃支払いを受け付けるサービス『CryptoResidence』のWebサイトがオープン

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























ビットコインでプレミアム賃貸に住む。暗号通貨での家賃支払いを受け付けるサービス『CryptoResidence』のWebサイトがオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社レーサムは、4月28日(水)に暗号通貨での家賃支払いを可能にするサービス『CryptoResidence』の提供を開始、同時にWebサイト( https://crypt.raysum.co.jp )をオープンした。

最新海外

『CryptoResidence』について
『CryptoResidence』は、暗号通貨(Crypto Currency)で住宅(Residence)が借りられるサービス。日々変動する為替レートをリアルタイムに反映し、その瞬間のレートで家賃を支払える。

現在、支払いに使える暗号通貨はビットコインのみだが、今後はその他の暗号通貨にも対応予定だという。(日本円での支払いも可能)。

現在の日本の不動産業界は、賃貸物件の家賃支払いは日本円の銀行振込以外受け付けないのが常識だ。海外から帰国して間もない方や、外国人の方にとっては利便性が低く、住居探しの障害となることも少なくない。

「資産があるのに使えない」「住みたいのに住めない」という状況は、借り手にとっても、貸し手にとっても、日本経済にとっても大きな損失だ。

『CryptoResidence』は、こうした現状を打破し、日本の不動産市場を活性化させたいという想いから生まれた。価格高騰にばかり注目が集まる暗号通貨だが、高額な支払いや資産の移動の手段として、高い利便性を持っている。

暗号通貨取引所のアカウント取得は銀行口座開設に比べはるかに容易で、その日のうちに利用開始できる。ビットコインであれば、主だった国の通貨から直接両替可能。また、格安の手数料で24時間オンライン上で両替・送金できるという利点がある。

■第一弾物件は、「プレミアムレジデンス白金長者丸」
オープン時に取り扱う物件は、「プレミアムレジデンス白金長者丸」。JR目黒駅から山手線内側へ徒歩7分、緑豊かな国立自然教育園に隣接する邸宅地「白金長者丸」に相応しい超高級レジデンスとして今春商品化した。

当初全17戸(各戸専有面積平均100㎡)を大規模改修工事によって全7戸(各戸専有面積約200㎡~400㎡)へとフルリノベーションを実施している。

<施設概要>
・施設名称:プレミアムレジデンス白金長者丸
・所在地:東京都品川区上大崎2-7-17
・敷地面積:約1,276㎡
・施工床面積:約1,957㎡
・建物構造:鉄筋コンクリート造陸屋根3階建
・建物用途:共同住宅(7戸)
・築年時期:2018年5月12日


Amazon.co.jp : 最新海外 に関連する商品



  • Revit研修とBIMスペシャリストのコミュニティー「BIMnoba」【6/26(土)開催】今熱い!設備BIM(RevitMEP)セミナー(6月21日)
  • 1,000人が参加する個人投資家向け説明会とは?7月2日(金)にIR担当者向け無料WEBセミナーを開催(6月17日)
  • タイランドエリートインフォメーションセンターとバンコクの不動産会社 心友不動産が提携、タイ居住ビザ付きコンドミニアムの販売を開始。(6月16日)
  • 楽天証券、「楽天FX」取引の新興国3通貨ペアのスプレッドを縮小(6月10日)
  • オンライン参加無料! 「第13回 世界の資産運用フェア」6月12日に開催(6月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ