海外投資最新情報
2021年06月23日(水)
 海外投資最新情報

韓国眼鏡レンズ協同組合、 統合ブランド“オビオス(OVIUS)”で海外進出が決定

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























韓国眼鏡レンズ協同組合、 統合ブランド“オビオス(OVIUS)”で海外進出が決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
韓国眼鏡レンズ協同組合(Korea Eyeglasses Cooperative Association)が、統合ブランド“オビオス(OVIUS)”で海外進出すると発表した。

最新海外

国内眼鏡レンズ販売およびサングラスブランド業者として2011年に設立されたオビオス
韓国眼鏡レンズ協同組合(以下 協同組合)は、2020年眼鏡レンズ製造会社および関連事業体が集まり設立した協同組合。

協同組合設立とオビオスを通した海外販路プラットフォーム開発の背景について、関係者は「様々な特性と競争力を備えた地域縁故事業を統合し、さらに高い競争力を備えて国内眼鏡レンズ技術を輸出することに目的がある」と明らかにした。

現在協同組合は、国内および海外地域の眼鏡レンズ卸売業者と眼鏡レンズ・サングラスを含めた完成品を販売する小売り業者を対象に事業を進めている。

ビジネスターゲット国家は、ヨーロッパ・アフリカ(EMEA)、アジア太平洋地域(APAC)、アメリカ(AMERICAS)などで、オビオスは国内以外にも競争優位を占有している海外地域に製造基盤施設を保有している。

統合ブランド「オビオス(OVIUS)」について
特にオビオスは、国内眼鏡レンズ販売およびサングラスブランド業者として2011年に設立され、世界的な眼鏡レンズブランド製品に遅れをとらない規格と性能を保有している。

子供のための高品質変色レンズサングラスおよびFDA安全承認基準50倍の耐久性を持ったスポーツウエアサングラスも有名だ。今年の3月、次世代変色フレーム眼鏡開発に成功し、特許登録を準備している。

協同組合は来たる6月、海外オンライン販売プラットフォーム具現後、目標売上を設定するために組合員間の協議を進行中。

現在開発中のオンラインプラットフォームは、眼鏡レンズ卸売りおよび小売り業者すべてのために速くて簡単なニーズに合わせたオンライン注文システムで、余分(既成品)とRx(オーダーメード)注文を一括で提供が可能になる。

一方、協同組合の関係者は今後の計画について「持続して眼鏡レンズ製造業者と関連事業を営んでいる業者ら(パッケージ供給、流通、配送など)を構成員として募集し、さらにいい品質とサービスで国内と海外市場を開拓していくつもり」と語っている。

オビオス(OVIUS): http://www.ovius.co.kr/index_en.php


Amazon.co.jp : 最新海外 に関連する商品



  • Revit研修とBIMスペシャリストのコミュニティー「BIMnoba」【6/26(土)開催】今熱い!設備BIM(RevitMEP)セミナー(6月21日)
  • 1,000人が参加する個人投資家向け説明会とは?7月2日(金)にIR担当者向け無料WEBセミナーを開催(6月17日)
  • タイランドエリートインフォメーションセンターとバンコクの不動産会社 心友不動産が提携、タイ居住ビザ付きコンドミニアムの販売を開始。(6月16日)
  • 楽天証券、「楽天FX」取引の新興国3通貨ペアのスプレッドを縮小(6月10日)
  • オンライン参加無料! 「第13回 世界の資産運用フェア」6月12日に開催(6月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ