海外投資最新情報
2022年12月10日(土)
 海外投資最新情報

SVPジャパン、新興国事業における戦略的課題について 、インサイトを公開

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























SVPジャパン、新興国事業における戦略的課題について 、インサイトを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
会員企業に対して公開情報を⽤いたビジネス情報提供を行う、株式会社SVPジャパン(SVPジャパン)は、『-世界経済-新興国事業における戦略的課題について』のインサイトを公開した。

最新海外

ターゲットエリアとセグメントごとに、異なるマーケティングアプローチが必要
前回のSVPインサイト Vol. 5「世界経済 -躍進する新興市場-」( https://www.svpjapan.com/ )で提示した通り、中国やインド、インドネシアなどを中心とした大都市経済圏が、これからのビジネスマーケットとして重要な存在になる。

そのため、企業が事業を展開する上で、ターゲットとなる地域・都市の優先順位付けは、ある程度容易に定義できることになるが、国や都市が多岐にわたり、立地的にも分散していることもあり、その攻め方はなかなか難しいのも事実だ。

ひとつは、ターゲットセグメントの選定とマーケティング戦略の難しさだ。ターゲットとなる都市を選定しても、それらは地理的に広範囲に広がっている。中国とインドは、わかりやすい例だ。

中国とインドにおける人口100万人以上の都市は、それぞれ100と50程度あるとされている。それらの都市は、広大な国土に分散しており、また、地域によって言語やお祭りなどの文化面での違いもある。

さらに、当該エリア内での経済格差が大きく、収入階層によって消費者の購買行動もニーズも異なっていることが、マーケティングをより難しくしている。

これは、1国ワンマーケティングの考え方が当てはまらず、ターゲットエリアとターゲットセグメントごとに、異なるマーケティングアプローチが必要になることを意味している。

そのため、新興国で成功しているグローバルメーカーの取り組みを見てみると、ある程度幅広い製品ラインナップでポートフォリオを組み、販売チャネルやスポーツマーケティング、支払い方法、サービスメニューなど、あらゆるマーケティング面でしっかりとローカライズした取り組みを行っている。

SVPインサイト: https://www.svpjapan.com/

Amazon.co.jp : 最新海外 に関連する商品



  • ハワイ・オアフ島の大規模開発「ワードビレッジ」の、高級コンドミニアム「KALAE (カラエ)」の販売開始が決定(11月30日)
  • オルタナティブ投資プラットフォーム「SAMURAI FUND」、『【毎月分配】海外向け短期ブリッジローン#17(1次募集)』を公開(11月30日)
  • 世界名門ヘッジ・ファンド、 資金受付停止から新規資金の受け入れ再開(11月26日)
  • 日本と世界をつなぐ、 Web3国際カンファレンス Web3 Tokyo 2022、12月10日 オンライン開催(11月26日)
  • 【調達額50億円突破】不動産クラウドファンディング「TECROWD」、サービスリリースより1年7ヵ月で、累計調達額50億円突破。(10月31日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->