海外投資最新情報
2022年12月10日(土)
 海外投資最新情報

S&P500種指数各社の減益傾向強まる

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























S&P500種指数各社の減益傾向強まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
米主要500社、減収傾向強まる
米企業の業績悪化が懸念材料になりそうだ。アメリカの代表的な株価指数であるS&P総合500種指数採用企業では、2012年第3・四半期決算が、前年同期に比べ1.2%の減益となる見込みだ。これは、トムソン・ロイターの調査で明らかになったもので10月29日、Reutersが報じた。

28日時点までで500社のうち272社が第3・四半期の業績を発表しているが、利益は63%が市場予想を上回っている。この比率は、過去4四半期平均の67%を下回った。

一方、第3・四半期の売上高は、37%の企業が市場予想を上回った。この比率も長期的な平均62%、過去4四半期の平均55%を下回った。

S&P500種
利益上昇見通しは、4社
第4・四半期の1株利益について、悪化すると答えた企業は37社、上回ると答えた企業はわずか4社だった。悪化と上昇を割ったネガティブ/ポジティブレシオは37/4で、9.3倍。1996年以来最悪の結果となった。

500社の今後4・四半期の株価予想収益率は12.7倍だった。今週は、S&P総合500種指数採用企業のうち114社が第3・四半期決算発表を予定しており、決算結果に注目が集まる。

外部リンク

Thomson Reuters | Home
http://thomsonreuters.com/

Reuters
http://jp.reuters.com/article/businessNews/

Amazon.co.jp : S&P500種 に関連する商品



  • ハワイ・オアフ島の大規模開発「ワードビレッジ」の、高級コンドミニアム「KALAE (カラエ)」の販売開始が決定(11月30日)
  • オルタナティブ投資プラットフォーム「SAMURAI FUND」、『【毎月分配】海外向け短期ブリッジローン#17(1次募集)』を公開(11月30日)
  • 世界名門ヘッジ・ファンド、 資金受付停止から新規資金の受け入れ再開(11月26日)
  • 日本と世界をつなぐ、 Web3国際カンファレンス Web3 Tokyo 2022、12月10日 オンライン開催(11月26日)
  • 【調達額50億円突破】不動産クラウドファンディング「TECROWD」、サービスリリースより1年7ヵ月で、累計調達額50億円突破。(10月31日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->