海外投資最新情報
2022年12月10日(土)
 海外投資最新情報

中国、世界最大の経済国。米はエネルギー自給を達成。2030年世界情勢

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























中国、世界最大の経済国。米はエネルギー自給を達成。2030年世界情勢

このエントリーをはてなブックマークに追加
経済大国のトップは中国
米国家情報会議(NIC)は、12月10日発表した2030年の世界情勢に関する報告書のなかで、中国が米国を抜いて世界最大の経済大国になるとの見解を示した。

報告書では、2030年までに中国は米国をしのぐ最大の経済大国になると予測。米国が唯一の超大国である時代は終わり、米国が覇権国家だった時代は終息すると予測している。

しかしながら、米国の地位にとって変わる国が出現する公算は少なく、世界的なリーダーシップを取れるのは米国以外にはないとも強調した。

米国家情報会議
西洋と東洋のパワーバランス反転
今後の世界経済の動向は、途上国の発展に大きく影響されると指摘しており、欧州や日本などの先進国の経済は、ゆるやかな衰退が続く見通しだ。

「シェール革命」と呼ばれるガスやオイル採掘に関する技術革新が急速に進む米国については、今後20年以内にエネルギー自給を達成できる可能性があると予測。

アメリカが中東諸国へのエネルギー依存から脱出しつつあるなか、中東諸国の経済は、大幅な多様化が必要だと指摘している。不安定な政治情勢が懸念材料となっており、特にイランの核開発が大きな影を落としている。

2030年に向けて、新興国に先進国からの資本流入がますます大きくなりそうだ。世界中のNGOや企業、ビジネスアイデア、投資家などが絡み合った“多面的で不定形なネットワーク”が大きな影響力を持ち、西洋から東洋へとパワーバランスはシフトしつつ拡散していくという。

外部リンク

National Intelligence Council - Global Trends
http://www.dni.gov/index.php/about/organization/

Amazon.co.jp : 米国家情報会議 に関連する商品



  • ハワイ・オアフ島の大規模開発「ワードビレッジ」の、高級コンドミニアム「KALAE (カラエ)」の販売開始が決定(11月30日)
  • オルタナティブ投資プラットフォーム「SAMURAI FUND」、『【毎月分配】海外向け短期ブリッジローン#17(1次募集)』を公開(11月30日)
  • 世界名門ヘッジ・ファンド、 資金受付停止から新規資金の受け入れ再開(11月26日)
  • 日本と世界をつなぐ、 Web3国際カンファレンス Web3 Tokyo 2022、12月10日 オンライン開催(11月26日)
  • 【調達額50億円突破】不動産クラウドファンディング「TECROWD」、サービスリリースより1年7ヵ月で、累計調達額50億円突破。(10月31日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->