海外投資最新情報
2024年02月26日(月)
 海外投資最新情報

「1stRound」ボストンで開催。米国スタートアップの日本展開を支援。世界に伍するスタートアップ組成・育成プログラムへ。

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























「1stRound」ボストンで開催。米国スタートアップの日本展開を支援。世界に伍するスタートアップ組成・育成プログラムへ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京大学協創プラットフォーム開発株式会社は、2023年5月2日に、東京大学、東京医科歯科大学、GTB(Greater Tokyo Biocommunity)と共に、米国マサチューセッツ州ケンブリッジのCambridge Innovation Center(CIC)で共催したシンポジウムにて、大学の垣根を超えたベンチャー創出および育成を目指す起業支援・育成プログラム「1stRound in Boston」の募集を行た。

そしてこの度、独自の合成生物学的プラットフォームを用いて、新規治療法の開発に取り組む創薬ベンチャー企業Tenza(本社:米国マサチューセッツ州ボストン)を採択した。

最新海外

ハーバード大学発、合成生物学と機会学習を活用し、粘膜系疾患に対する新しい治療方法を開発するTenzaを採択
東大IPCは、東京都の運営する多様な主体によるスタートアップ支援展開事業「TOKYO SUTEAM」に採択されたことを受け、「1stRound」を大学技術、卓越した才能・挑戦、海外知見の結合による世界で戦えるスタートアップ組成・育成プログラムへと進化させることを目指す。

2023年5月に上述したボストン-ケンブリッジCICで開催したシンポジウムでは、日本のバイオスタートアップの現状を紹介するとともに、コミュニティーとのネットワークの拡大を計った。

米国起業チームを対象にした「1stRound in Boston」の募集開始を会場にて発表し、集まった案件の中から上記技術を有するTenzaをこの度、採択した。

Tenzaは、ハーバード大学医学部George Church教授と、彼の元卒業生であるAnik Debnathとで、共同創業されたスタートアップ。

同社は、独自の機械学習(ML)駆動の合成生物学プラットフォーム用いて、プロバイオティク微生物を修飾し、消化器トラクトの薬物標的に直接タンパク質治療薬を生成・送達することで、生物学的利用可能性を高め、副作用を最小限に抑えるとともに、製造コストの削減の実現を目指している。



Amazon.co.jp : 最新海外 に関連する商品



  • フランスの Dawex、Schneider Electric、Valeo、CEA、Prosyst、産業界が信頼できるデータ取引ソリューション Data4Industry-X 構築のために結集(2月22日)
  • インドネシアSinar Mas財閥傘下の戦略投資部門、Living Lab Venturesが、日本での事業を開始(2月22日)
  • フェアコンサルティンググループ、台湾の台中市に新拠点を設立(2月9日)
  • 2/15(木) Webセミナー開催『経営者・投資家のためのシンガポールでの資産運用』~弁護士・税理士・FPが解説~(無料!)(2月6日)
  • 【想定年利8.0%】不動産クラウドファンディング「TECROWD」、モンゴルの中心地に位置する高級レジデンス「Ambassador Residence」を投資対象とするファンドを情報公開。(2月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ