海外投資最新情報
2021年04月17日(土)
 海外投資最新情報

SDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクションfrom JAPANがオンライン開催

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























SDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクションfrom JAPANがオンライン開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月25日(木)・26日(金)、日本にある国連諸機関が結集し、国内外でSDGsに精力的に取り組む各界のリーダーたちとともに、SDGs達成に向けたアクションを応援する祭典、「SDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクション from JAPAN」がオンライン開催される!

最新海外

世界を変えよう 人と地球のために - 国連機関の総力を結集し3月25日(木)・26日(金)オンライン開催!
本イベントは、国連事務総長の命を受け、国連開発計画(UNDP)が国連諸機関及び世界各国のために運営する「国連SDGアクションキャンペーン」及びジャパンSDGsアクション推進協議会が共催。

2016年より毎年、世界のSDGsリーダーを集めて「SDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクション」をドイツで開催してきた。国連が開催してきたこのグローバルなSDGsの祭典を、2021年は初めてオンラインで開催し、また初めてのローカル版として、日本からの企画を全世界に発信する。

テーマは「世界を変えよう 人と地球のために」。コロナ禍や気候危機、不平等の拡大が世界を脅かす中、人と地球は転換期を迎えています。いまこそ、持続可能な開発目標(SDGs)という未来への羅針盤を活用し、これまでの暮らし方を見直し、より良い復興に向けて世界を変える時となるだろう。

本フェスティバルでは、12の駐日国連機関がセッションを企画。日本やアジア、中東、アフリカなど世界中から、国連、企業、起業家、NGO、若者団体、自治体など各界の代表が登壇し、国、所属、世代を超えて、SDGs達成に向けたアイディアや成功例、これからの活動に込めた想いなどを語る。

イベントの軸となるのは、イノベーション、インスピレーション、エンタテイメント。20代の登壇者が多いのも特徴で、全世界から2万人以上の参加者が見込まれている。日本からのアイディアを発信すると同時に、海外からも学び、海外とのつながりを作る、またとない機会といえる。

<日時>
3月25日(木)18:00~20:30 / 26日(金) 17:00~23:00 (予定)
<テーマ>
世界を変えよう 人と地球のために(#TurnItAround for People and the Planet)
(4本柱):気候変動対策、貧困と格差、ジェンダーの平等、包摂的なシステムと持続可能な金融
<共催>
 国連SDGアクションキャンペーン/国連開発計画 及び ジャパンSDGsアクション推進協議会
<言語・参加費・参加方法>
英語(英日同時通訳 及び 国際手話通訳あり)
参加費無料
参加登録 https://www.surveymonkey.com/
(※国連ウェブTVでも一部放映。後日、フェスティバルアーカイブやYouTubeでも配信予定)

​SDGグローバル・フェスティバル・オブ・アクション from JAPAN:https://globalfestivalofaction.org/japan/




Amazon.co.jp : 最新海外 に関連する商品



  • 投資初心者の方も必見『国策につながる「成長戦略」を先読み!今後の株価を刺激する業界は!?』5/13(木)19:30~生配信決定(4月16日)
  • <旅行予約サイト『ベルトラ』との提携開始>「2週間コロナ隔離送迎付き宿泊プラン」(4月12日)
  • NY発現代アートのレンタルサブスクサービス「Curina」がシードラウンドで8000万円を調達。会員の半数以上が“人生初のアートレンタル/購入”。(4月9日)
  • コモンズ・プロジェクトと日本の航空会社が、日本の国際渡航再開に向けてデジタル健康証明「コモンパス」を試験的に導入(4月5日)
  • 日系航空会社初、UberとMaaS領域で戦略的パートナーシップ契約締結で、北米・ハワイでJALアプリから配車が可能に(3月30日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ