海外投資最新情報
2021年10月18日(月)
 海外投資最新情報

中国人民元の預金をりそなが法人向けに取り扱い開始

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























中国人民元の預金をりそなが法人向けに取り扱い開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
りそな、中国人民元建外貨預金スタート
りそな銀行は1月7日、埼玉りそな銀行は1月21日より、法人を対象に「中国人民元建て外貨預金」の取り扱いを開始した。残念ながら、個人事業主やに個人ユーザーへの取り扱いは受け付けていない。

外貨普通預金の預入金額は10通貨単位以上、または1,000円相当額以上。預入期間は、特に定めていない。

外貨定期預金の預入金額は、10万円相当額以上。期間は1か月、3か月、6か月、1年のいずれか。満期日指定にも応じる。

現金(人民元)での取り引きは行わない。預け入れは店頭のみでの受け付けとなる。

中国人民元
個人投資家も注目の人民元建外貨預金
中国人民元建て外貨預金は、昨年6月から外国為替市場で日本円と中国人民元の直接取引が開始され、個人投資家からも注目されている。直接取引ができるようになったので手数料が安くなり、決済リスクも低くなった。

15日から池田泉州銀行が、個人向けインターネットバンキングでの「中国人民元建て外貨預金」の取り扱いを開始して、話題になった。

池田泉州銀行では昨年10月から、個人向けの「中国人民元建て外貨預金」を取り扱っているが、インターネットバンキングでの取り引きは地方銀行初の試みとなる。

今回、りそな銀行と埼玉りそな銀行が取り扱うのは、あくまでも企業のアジアビジネスをサポートするためだ。今後も日本企業のアジアにおけるビジネスの支援に力を注ぎ、商品ラインアップを拡充する方針だ。

外部リンク

プレスリリース/株式会社 りそな銀行、株式会社 埼玉りそな銀行
http://release.nikkei.co.jp/detail

プレスリリース/株式会社池田泉州銀行
http://www.sihd-bk.jp/fresh_news/0000000341/pdf

りそな銀行ホームページ
http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/

Amazon.co.jp : 中国人民元 に関連する商品



  • モントリオール取引所、アジア太平洋時間帯に取引時間を拡大(10月18日)
  • スタートアップ都市・福岡を世界に発信!オンラインイベント「ASCENSION 2021」開催!(10月10日)
  • 『岸田新総裁』の政策と市場への影響(10月7日)
  • 仮想通貨の買い方からリスクまでわかりやすく解説した電子書籍「DIME MONEY 仮想通貨の新常識」好評配信中!(10月1日)
  • マレーシア首相官邸主導の国家プロジェクト 「SMARTプロジェクト」が日本において本格稼働(9月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->