海外投資最新情報
2024年02月26日(月)
 海外投資最新情報

Frost & Sullivan:日本のオートメーション市場およびコントロール市場は急拡大

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























Frost & Sullivan:日本のオートメーション市場およびコントロール市場は急拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本におけるオートメーションおよびコントロール市場の急成長
2013年3月25日-Frost & Sullivan(http://www.industrialautomation.frost.com)は、日本におけるオートメーションおよびコントロール市場と成長機会の新たな分析で、市場は2011年に29.111億ドルだった収益が4800.2億ドルに到達すると推定している。

経済とともに、日本におけるオートメーションおよびコントロール市場は、2011年に発生した東日本大震災に起因する大規模な挫折をした後、着実に回復している。

アメリカ
政府支援とアジア各国の需要で回復
強い成長を続けるエレクトロニクスや半導体、金属・鉱業、医薬品、自動車産業への投資の面で政府からの支援だけでなく、他のアジア諸国からの日本製品に対する継続的な需要は、オートメーション製品の使用に拍車をかけている。現在、日本ではプログラマブル・ロジック・コントローラ(PLC)、分散制御システム(DCS)、監視制御およびデータ収集(SCADA)、ヒューマンマシンインタフェース(HMI)、製造実行システム(MES)の製品セグメントを生産している。

日本工業規格(JIS)はISOとIEC規格の両方を包含し、効率的な生産のための一定の安全性が統合されたコントロールを義務づける。製造企業は、最先端の自動制御システムを展開するために見えるように、ベンダーが自社の技術、サービス、サポート、トレーニング需要に応えることができるかの挑戦となる。価格競争は、需要の高いPLCとDCSセグメントで激しくなることが期待される。

DCSのドライブの低価格化で、小規模および中規模の製造部門からの需要が増加する見込み。

PCベースのSCADAシステムのHMIソリューションとMESの統合されたエンタープライズ・リソース・プランニング・ソリューションは、大規模需要増が見込まれている。生産と技術の進歩の着実な成長はまた、現在の技術の利点の低意識に陥っているMESセグメントの成長をサポートする結果となる。

外部リンク

Frost & Sullivan: Technological Advancement and Increasing Investment in End-user Industries Boosts Automation Market in Japan
http://www.prnewswire.com/news-releases/
Amazon.co.jp : アメリカ に関連する商品



  • フランスの Dawex、Schneider Electric、Valeo、CEA、Prosyst、産業界が信頼できるデータ取引ソリューション Data4Industry-X 構築のために結集(2月22日)
  • インドネシアSinar Mas財閥傘下の戦略投資部門、Living Lab Venturesが、日本での事業を開始(2月22日)
  • フェアコンサルティンググループ、台湾の台中市に新拠点を設立(2月9日)
  • 2/15(木) Webセミナー開催『経営者・投資家のためのシンガポールでの資産運用』~弁護士・税理士・FPが解説~(無料!)(2月6日)
  • 【想定年利8.0%】不動産クラウドファンディング「TECROWD」、モンゴルの中心地に位置する高級レジデンス「Ambassador Residence」を投資対象とするファンドを情報公開。(2月6日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ