海外投資最新情報
2020年11月28日(土)
 海外投資最新情報

アメリカ最先端のスタートアップ情報が毎週届く有料メールマガジン配信に向け、クラウドファンディングが始動

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























アメリカ最先端のスタートアップ情報が毎週届く有料メールマガジン配信に向け、クラウドファンディングが始動

このエントリーをはてなブックマークに追加
アメリカのスタートアップトレンド情報を発信している無料メールマガジン「From the Alley」(フロム・ザ・アリー)を手掛ける槙野太介(まきのだいすけ)。

彼は、11月16日(月)、アーリーステージのスタートアップを中心に、注目すべき新たなアイデアやサービスを伝える有料メールマガジンを開始するためのプロジェクトを、クラウドファンディングサイトCAMPFIREにて立ち上げた。

▼クラウドファンディングページ(CAMPFIRE): https://camp-fire.jp/projects/view/344735
グローバル人脈がなくても、誰でもアメリカの最新情報の入手が可能に
今回スタートさせたい有料メールマガジンの目的は、アメリカ最先端のスタートアップ関連情報を「民主化」すること。

グローバルなネットワークを持たなくても、アメリカで今生まれている斬新なビジネスモデルやサービス、アイデアにアクセスできる情報ソースを提供。誰でも無理なく購読しやすいよう、料金は月3,000円(税込)となる予定。

海外スタートアップ情報を提供する多くのメディアとは異なり、アメリカのアーリーステージのスタートアップ情報をメインに据えているのが大きな特徴。資金調達データベースや注目企業のまとめ記事を、プロフェッショナルの視点ならではの独自コメント付きでシェアする。

リターンは、有料マガジンへのアクセス権やZoomでの相談権など
クラウドファンディングでは、500円、3,000円、1万円の3コースを用意。有料マガジンの配信メールが2か月届く(1か月無料)アーリーアクセス権、それにZoomで60分間相談ができる権利などを提供する。

有料マガジンへのアーリーアクセスは、12月中旬より開始。マガジンは、1月中旬を目処にnoteにて公開する予定。クラウドファンディングの期間は、11月16日(月)〜12月11日(金)。

コンテンツ作成のサポートをしてくれる方への報酬や、追加のリサーチツール購入に必要な30万円の獲得を目指し、積極的に支援を募っていくとのこと。



Amazon.co.jp : 最新海外 に関連する商品



  • IRIS USA ペンシルベニア工場本格稼働 サプライチェーンを強化(11月27日)
  • アプライド マテリアルズ 2020年度第4 四半期・通年の決算を発表(11月16日)
  • Stratus Properties Inc.第1四半期の業績発表(5月17日)
  • 640%の急成長!米企業Falcon Social(5月16日)
  • ラルフ・ローレン予想を上回る業績を発表(5月12日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->