海外投資最新情報
2021年10月18日(月)
 海外投資最新情報

世界初の『アルツハイマー型認知症治療薬』を承認

ヘッジファンド
外貨
外国株式
海外不動産
各国の政策
企業
マーケット
その他
海外投資最新 新着30件






























世界初の『アルツハイマー型認知症治療薬』を承認

このエントリーをはてなブックマークに追加
三井住友DSアセットマネジメント株式会社は、経済イベントや市場動向に関するマーケットレポートを日々発行している。このたび、マーケットレポート「世界初の『アルツハイマー型認知症治療薬』を承認」を6月23日(水)に発行した。

エーザイと米バイオジェンが共同で開発
アルツハイマー型は、国内の認知症患者のおよそ7割程度を占めるとされ、海外でも多数の患者を抱える。その医薬品の開発は抗がん剤以上に困難な領域とされてきた。

こうした中、6月7日、米食品医薬品局(FDA)はエーザイと米バイオジェンが共同で開発する『アルツハイマー型認知症治療薬』候補の「アデュカヌマブ」について、条件付きで承認を認めると発表。治療薬としては世界初となり注目されている。

FDAはエーザイと米バイオジェンが共同で開発する『アルツハイマー型認知症治療薬』候補の「アデュカヌマブ」について、条件付きで承認申請を認めると発表した。従来の認知症薬とは異なり、疾患そのものを治療する初めての『アルツハイマー型認知症治療薬』として世界で初めての承認となる。

同薬は、アルツハイマー型認知症の原因物質とされるたんぱく質「アミロイドベータ」を除去する効果があるとされる。またバイオジェンは、年間治療費が5万6,000㌦(約610万円)となると公表した。



Amazon.co.jp : 最新海外 に関連する商品



  • モントリオール取引所、アジア太平洋時間帯に取引時間を拡大(10月18日)
  • スタートアップ都市・福岡を世界に発信!オンラインイベント「ASCENSION 2021」開催!(10月10日)
  • 『岸田新総裁』の政策と市場への影響(10月7日)
  • 仮想通貨の買い方からリスクまでわかりやすく解説した電子書籍「DIME MONEY 仮想通貨の新常識」好評配信中!(10月1日)
  • マレーシア首相官邸主導の国家プロジェクト 「SMARTプロジェクト」が日本において本格稼働(9月29日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->